眠りが浅くて仕事に集中できなかった不眠症が改善した症例

眠りが浅くて仕事に集中できなかった不眠症が改善

お客様:松原市 40代男性

来院:2018年9月

同時に施術した症状:肩こり・腰痛

来院の経緯

【症状】

今まで、眠れなくなるということを経験したことがなかった。

しかし、大事な仕事を任されるようになった時から仕事のことばかりを考えるようになってしまった。

その影響で、眠りが浅くて疲れが抜けない状態が続いた。

仕事がはかどらず、焦りや不安から不眠の症状は悪化している。

 

【治療内容と経過】

初診時

初診時の問診で、睡眠が取れていないことからかなり疲労が蓄積されていることがわかった。

この状態も仕事を休むわけにはいかず、業務中は長時間デスクワークをしている。

長時間の悪い姿勢でのデスクワークにより、背骨にズレがないかを検査した。

その結果、頸椎と腰椎にゆがみがある状態であることが分かった。

背骨を調節して、血流と神経伝達を改善した。

 

2診目~7診目

2診目~7診目は、不眠の根本的な原因となっている頸椎と腰椎をしっかり整えた。

そして、お仕事中の姿勢を指導。

血流と神経伝達が改善されてくると同時に、睡眠も以前より寝つきは良くなってきた。

8診目

睡眠の質がいい方向に変化していたので、2週間様子を見た8診目は、仕事中に眠気が起きて集中できないということがなくなった。

現在のいい状態を維持するために、月に1度のメンテナンスに移行した。

正しい姿勢の意識と簡単にできるセルフケアをしっかりしてもらう。

【同時に施術した症状】

肩こり・腰痛

【施術方法】

頚椎調整・背骨調整

担当者コメント

不眠症は自律神経の乱れもそうですが、長時間同じ姿勢でいることで身体に負担をかけ続けることでさらに悪化してしまいます。

姿勢の乱れは体の痛みだけでなく、自律神経にも大きく影響していることがわかる症例でした。

当院の施術が初めての方へ

限定割引

受付時間
月・火・木・金/10:00~21:00
水・土/10:00~17:00
祝日/通常通り営業
※日曜日 定休日

店舗情報

住所

大阪市阿倍野区阪南町5丁目21-10阪南F2ビル 2F

 

アクセス

地下鉄西田辺駅から3番出口から徒歩2分

 

TEL

ご予約・お問い合わせはこちらから

tei:0120067007

 

受付時間

月・火・木・金/10時~21時 水・土/10時~17時

 

定休日