不眠症・睡眠障害の種類

不眠症とは

夜に寝つきが悪く、眠りを維持できない、朝早く目が覚めてしまう、眠りが浅く十分に眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる状態を指します。

日本においても約5人に1人がこのような不眠症で悩んでいるとされています。

不眠症は、小児期や青年期には稀ですが、20~30代に始まり、加齢とともに増加し、中年や老年には急激に増加します。

また、男性よりも女性に多いと言われています。

 

不眠症のタイプ

  • 入眠困難

床についてもなかなか眠れない。

  • 中途覚醒

いったん眠りに入っても、翌朝起床するまでの間、夜中に何度も目が覚める。

  • 早朝覚醒

希望する時刻、あるいは通常の2時間以上前に目が覚め、そのあと眠れない。

  • 熟睡障害

睡眠時間のわりに熟睡した感じが得られない。

 

これらの症状は同時に複数現れることがあります。

不眠症を引き起こす主な原因

  • 環境要因

・時差がある場所

・枕が変わる

・暑さや騒音

・明るさ

などの環境など

 

  • 身体要因

・年齢

・性差

・頻尿

・痛み

・かゆみ

など

 

  • 心の要因

・悩みやイライラ

・極度の緊張からの精神的ストレス

・睡眠に対するこだわり

など

 

  • 生活習慣要因

・アルコール

・ニコチン

・カフェインの摂取

・薬の副作用

・運動不足

など

ページの製作者